塩で食べる黒光りの鯖寿司 11月発売 【米吾】東京黒昆布巻き押し鮨 

本当においしい鯖の押し寿司をいただいてきました。
e0207441_23361070.jpg


ばってらのイメージはこう白板昆布がかかっているけれど、
e0207441_23354110.jpg

こちらの鯖鮓(米吾さんはこの字を使っています)は
黒々とした厚みのある昆布でぐるりと巻かれています。
e0207441_23363317.jpg


鯖の身はふっくらと厚みがあり、
お米はもっちり、
それをしっかりとした昆布が包んでいます。
何より、鯖の旨みがぎっしりつまっています。
鯖の身には、きらりと光る七色の輝きが!
(カンテサンスのお魚のソテーにあるような、七色の光です)

それに、お醤油ではなく、2種類のお塩(笹塩・ゆず塩)がついてます。
ね、新しいですよね。今っぽい。

おいしさの秘訣は、素材もさることながら、
解凍の技。
そう、冷凍されているのです。

冬の日本近海で獲れる脂ののった鯖を加工し、
その後冷凍。
特許を持つ解凍方法により、熟成され、旨みが増すんだそうです。
この工程により、魚の臭みも少なくなるとか。
なるほど、本当に、魚臭くない。

そもそも、鯖鮨は保存料理。
米吾さんのオフィシャルブログには、鯖鮓の歴史にも触れられています。
http://ameblo.jp/komego38/entry-10644334571.html

鯖鮓って、年配の方の喜ぶお寿司だと思っていましたが、
これは魚臭さもなく、もっちりとおいしいので、
若い女性にも受け入れられるお寿司だと思います。

鯖にはたんぱく質のほか、
EPA(コレステロールや中性脂肪を減らし、生活習慣病を予防します)
DHA(脳のはたらきを促進し、記憶力を良くします。)が含まれています。
さらに、ビタミンB2は青魚の中で最も多い含有量で、
美肌効果や動脈硬化予防、老化防止に役立ちます。

そもそも、米吾さんの代表作でもある吾左衛門鮓が
歌舞伎座で大人気で、
これをベースに、東京黒昆布巻き押し鮨を作ったんだそう。

ベースとなった吾左衛門鮓


おいしいものが沢山集まる東京。
そこから発信されるあたらしい押し鮨です。

【販売予定】
 東京駅 旨囲門     11月1日
 東京駅 グランスタ極  11月予定
 日本橋三越本店     11月3日
 三越銀座店       11月1日
 羽田空港第1ターミナル 11月10日前後予定
 ※東京限定販売 通信販売等での購入は出来ません。

e0207441_23443492.jpg

e0207441_2345375.jpg

東京黒昆布巻き押し鮨
鯖鮨2人前入り 笹塩・ゆず塩付き
1800円(税込み)

東京黒昆布巻き押し鮨ホームページ
http://www.tokyokuro.com/

[PR]
by foodsakurako | 2010-10-29 00:17


フードアナリストSakurakoの毎日おいしいものづくり


by FoodSakurako

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
作りました(パン)
作りました(ごはん)
作りました(スイーツ)
作りました(食べ物以外)
お気に入り(食べ物)
お気に入り(食べ物以外)
お買い物
キッチンツール

食べました
未分類

最新のトラックバック

【潜入】[セシール]アニ..
from リンクシェア公式サイト
【潜入】[ニッセン]ファ..
from リンクシェア公式サイト
【潜入】[永谷園通販]『..
from リンクシェア公式サイト

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧